国指定重要文化財「摩多羅神坐像」特別拝観のご案内

2013-06-01


このたび清水寺所蔵の「摩多羅神坐像」が国の重要文化財に指定されました。もともとは清水寺護法堂に安置されておりましたが、約 20 年前の雪害でお堂が崩れ落ちてからは、宝物館にひっそりと展示してありました。近年、研究者によりその坐像が天台宗の寺院に伝わる秘神「摩多羅神像」と分り、鎌倉時代 (1329 年) の作で、製作年が明らかな像としては最古のものと判明し、国の重要文化財に指定されることとなりました (清水寺所蔵としては 4 番目)。鼓を打ちながら歌っているポーズから芸能の神としても崇められています。通常は宝物館に収蔵されていますが、厨子に収められています。
期間は 6 月 18 日~ 7 月 21 日まで、拝観の場所は清水寺根本堂内陣で、受付時間は 9:00 ~ 17:00 で予約は不要、拝観料金は 1,000 円で御札付き。
問い合わせは清水寺まで (0854-22-2151)

< [2013-11-27]
[2013-03-19] >