四季の花


紅葉館入り口 (5 月初旬~ 6 月中旬)
参道をしばらく歩くと、左手が境内、右手が紅葉館入り口です。少し坂になっていますが、両脇にはつつじ、さつき等が植えてありますので、どうぞゆっくりとお進み下さい。
紅葉館玄関(4 月中旬~5 月中旬)
桜が散ると、しゃくなげ、牡丹、つつじ、霧島、さつき、くちなし等が次々と花開き、玄関の前は、華やかに賑やかになります。
三重の塔春姿(4 月初旬~4 月中旬)
染井吉野の咲く期間は短くてほんの一週間程です。吉野が散る頃には、しだれ桜が淡紅色の花弁をつけます。
もみじの花(4 月中旬~5 月初旬)
もみじの新緑が濃くなってくると同時に、葉の下に隠れるようにして、もみじの花も紅く色づいてきました。
花の後には木によっては、ヘリコプターのプロペラのようなうっすらと紅い種がつきます。
もみじの種(5 月中旬~7 月中旬)
もみじの花が終ると、次にはプロペラのような真っ赤な種がつきます。最初は頼りなかった葉もしっかりとしてきて色も濃くなります。緑と赤のコントラストがきれいですが、飛んだ先にはもみじの芽が出て、それを抜くのが結構大変です。
山吹(4 月中旬~4 月下旬)
小学校の頃絵の具で山吹色というのがありましたが、なんとなく懐かしい感じのする花です。うちにあるのは、江戸城を築いた大田道灌の逸話に出てくる八重山吹で実がなりません。これも庭木ではなく紅葉館の入口看板横に自生しており、花が咲いていない時にはつまらない木ですが、黄色を濃くしたような鮮やかな色合いが好きで、もっと増やしたいなと思います。
雪ノ下の花(5 月下旬~6 月中旬)
石垣などに咲く地味な花ですが、雪のような白い花の下で緑の葉を広げるから雪ノ下と言うそうです。私共の地方ではその葉をつぶして苦い汁を夜泣きする子供になめさせると夜泣が止むと言われており、結構効きました。また丸い葉をてんぷらにすることもあります。紅葉館入口の石垣一面に咲いています。
しゃが(5 月中旬~5 月下旬)
清水山にはたくさん自生しており、ほんの一時アヤメのような白い花をつけます。これも入り口の坂道の足元に咲きます。
紫陽花(6 月中旬~7 月初旬)
梅雨に入ると元気になる花が紫陽花です。株が大きくなるので庭の奥のほうとか山の斜面に植えることが多く、紅葉館でも送迎用駐車場の山側斜面を埋め尽くすように植えてあります。同じ品種でも場所によって花の色が変わるのは紫陽花の面白い所ではないでしょうか。酸性土壌では青色が強く、アルカリ性土壌では赤色が強くなるそうです。(ホントかな)また改良品種の隅田の花火、萼(がく)紫陽花なども所々あります。
蓮乗院の沙羅双樹(さらそうじゅ)(7 月上旬~7 月下旬)
夏椿ともいわれ、季節になると毎日可愛い白い五弁花をつけますが、平家物語に『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。』とあるように朝咲いた花は夕方には散ってしまいます。蓮乗院の沙羅双樹はかなり有名で、この花を見る為に清水寺を訪れる参拝客も多いです。
蔬雲若(そうにゃ)池の睡蓮
7 月頃、三重の塔の下のそうにゃ池には水面いっぱいに睡蓮の葉が広がり、白い花が咲きます。しずけさの中、池に近づくと牛蛙がすごい音を立てて飛び込み、驚いて足をすべらせそうになりました。水面から立ち上がっているのはコウホネ(河骨)という水草で、丸くて黄色い花をつけます。
秋海棠(しゅうかいどう)(8 月下旬~9 月下旬)
紅葉館入り口の坂には秋海棠が自生しており、夏の終わりには、足元を淡紅色の小さな花が飾ります。
秋の紅葉(11 月初旬~11 月下旬)
よく電話で問い合わせがありますが、紅葉の期間は長く、上のほうから次第に下りて行きます。平均的には、11 月中頃から 12 月始め頃まで楽しめます。